読みのスリルとサスペンス〜深層読みで名作に迫る〜  広井 護 著

逆転の発想を生む〝読み〟の力 
いつの間にか日本語力がアップする!


読みには「表層の読み」と「深層の読み」があります。
「なぞを見つけてなぞを解く」
――自己内問答を続けながら読み進めると、
うす皮をはがすように、作品の深層に入っていけます。
それは、スリルとサスペンスに満ちた冒険です。
なぞ解きの旅が終わる頃、読むことが楽しくなっています。


サイズ:A5版・252ページ
発行:2016.1.15



<目次>

はじめに

第一章 言葉の裏を読む
 1 国語ってインチキ――「主観的読み」と「客観的読み」
 2 国語の授業はむずかしい!
 3 「咳をしても一人」のなぞ
 4 「鉄鉢の中へも霰」のなぞ
 5 「古池や……」のなぞ
 6 「君の手の冷たき」のなぞ
 7 「木琴」のなぞ ①
 8 「木琴」のなぞ ②

第二章 深層心理で名作に迫る
 漱石を読む
  1 「坊っちゃん」 ――「無鉄砲」のなぞ
  2 「坊っちゃん」 ――「西洋ナイフ」のなぞ
  3 「坊っちゃん」 ――「清との別れ」のなぞ
  4 「こころ」とヤマアラシジレンマ
  5 「こころ」と「竜馬がゆく」
 「舞姫」を読む
  1 「石炭をば……」のなぞ
  2 「余一人のみなれば」のなぞ
  3 豊太郎の反抗期のなぞ
  4 青い目のなぞ
  5 ブランデンブルゲル門のなぞ
 芥川を読む
  1 「鼻」のなぞ
  2 「父」―― ロンドン乞食のなぞ ①
  3 「父」―― ロンドン乞食のなぞ ②
  4 「父」―― ロンドン乞食のなぞ ③

第三章 読みのアラカルト
 教科書以外の言葉を読む
  1 「ローマの休日」のなぞ
  2 「レ・ミゼラブル」のなぞ
  3 「抹茶アイス」のなぞ
  4 「日本のせんたく」のなぞ
  褒はなぜ笑ったのか?
  1 褒姒の笑いのなぞ ①
  2 褒姒の笑いのなぞ ②
  3 褒姒の笑いのなぞ ③
  4 褒姒の笑いのなぞ ④
  5 褒姒の笑いのなぞ ⑤
 読みの方法
  1 置き換え読み
  2 プラマイ読み
  3 なぞ解き読み
  4 主語の逆読み──「象は鼻が長い」のなぞ

あとがき

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

ショップの評価